ハイレバのリスクを限りなく低減させる唯一の方法

為替予想 今日のドル円 1/6

ドル円 今日の予想 1/6

 

今日のドル円の為替予想をいたします。

主に為替の専門家の見解をもとに

厳選したドル円今後の見通しを配信します。

 

・市場筋:ロシアと中国はイラン支持を表明しており、中東情勢の緊迫化が強まった場合、15日に予定されている米中通商「第1段階合意」文書への米中首脳による署名が先送りされる可能性も高まることで、昨年末のリスク選好の地合い(株高・ドル高)の巻き戻しの可能性に要警戒。

・市場筋:前週末に発表された米ISM製造業景況指数が5カ月連続で50を下回り、長期金利の低下や株価の腰折れにつながった。今晩も弱気相場となればドル売りを誘発する要因となろう。ただ、ドルは中東情勢を背景に有事の買いも観測され、大幅安は回避されよう。

・市場筋:ドル高・円安方向は、時間足など短めのチャートで見た最初の抵抗がある108.20-25円の攻防にまずは注視。超えれば、200日線などが位置する108.60-70円を目指す展開も。対するドル安・円高方向は、東京安値も近い107.70円が最初のサポート。下回ると107.10円や107円ちょうどなどがターゲットに。

・市場筋:湾岸戦争時のドル円は、戦争勃発時の151.59円から10月18日安値123.60円まで2か月半で27.99円の円高ドル安、下落率は18.5%安となった。今回の米国とイランの対立が全面戦争化へ進むのかどうかにもよるが、一つの前例としては湾岸戦争の時の動きが参考になるかもしれない。

・市場筋:今週は米雇用統計などありますが、まずは中東を巡るヘッドラインに気を付けながら、ドル円は売りから入りたいと思います。但し、昨年から続く突込み売りの危険性を考えると、とりあえずは108円台に戻ってからの売り場探しをしたいと思っています。

・市場筋:先週のドル円は、地政学リスクを背景に過剰に反応した感があり、先週の動きの巻き戻しがいずれ入るとみている。ただ中東情勢の反応次第では、ちょっとしたことでドル円の下振れリスクは残るが、当面は安値となる107円85銭付近を完全に下回らないようなら目先の底値として意識される。

おすすめの海外FX業者
地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1のXM。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナスでリスクなく億も可能と、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。

新規口座開設で3000円+最大50万円分のボーナス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です