ハイレバのリスクを限りなく低減させる唯一の方法

為替予想 今日のドル円 2/13

ドル円 今日の予想 2/13

 

今日のドル円の為替予想をいたします。

主に為替の専門家の見解をもとに

厳選したドル円今後の見通しを配信します。

 

・市場筋:パウエルFRB議長は前日までの議会証言で国内経済を前向きに評価しており、22時半の1月CPIは堅調な内容が予想され景気拡大を期待したドル買いが入りやすい。ただウイルス懸念を手がかりにリスクオフとなれば米国株はいったん調整の売りに振れ、ドルの戻りを抑制しそうだ。

・森レポート:ドル円は目先的な焦点は 108.31 円からの急反騰に対する調整度合いとなり、押し目としての下値許容限界値とされる 109.67 処までで下げが一巡する場合は、直近高値 110.14 円を試す展開が想定されるが、「21 日平均線」(109.56 処)を明確に下抜く場合は 109.38 処を試す一段安に備えたい

・市場筋:パウエルFRB議長は12日、議会証言で金融政策の据え置きが妥当との見解を改めて表明。このため現在の月額600億ドルの資産買い入れも6月で終了する可能性を示唆しており、米金利の低下傾向に歯止めが掛かりやすくなっている。このような状況もあり、ドルが買われやすくなっている。

・アナリスト:ドル円は「高値をついていく」ではなく、「押し目を拾う」とのスタンスで臨むべきと考えますが、それでも「もう一段の上値追い」は十分に期待できる局面と考えたいところです。キッカケとなり得るのは、「新型コロナウイルス」関連というよりは、もう一段の「ユーロドル下振れ」辺り…?

・市場筋:昨日のパウエル発言から米金利上昇によるドル高が期待されドル円は一段の上昇が見込める。ただ、金利とドルの相関性が弱まっており素直にドル買いに反応するかは微妙。また、中国景気減速が今後世界経済に影響を及ぼす懸念も燻る中で、ドル円の短期的な下振れリスクには注意が必要。

おすすめの海外FX業者
地名度も抜群で日本人トレーダーの人気もNo.1のXM。
888倍という驚異のレバレッジに追証なしのゼロカットシステム、手厚い豊富なボーナスでリスクなく億も可能と、ダントツにおすすめできる海外FX業者です。

新規口座開設で3000円+最大50万円分のボーナス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。